ホテルの設備

ハートを作るカップル

多彩なサービス

仙台には昔ながらの、シンプルなベッドとソファだけで構成されたラブホから、高級感を打ち出した設備とサービスで迎えてくれるラブホまで、さまざまなところがあります。別の記事に詳しく書いたように、そこは単純に男女が男女としてやるべきことをやるための場所としてだけでなく、さまざまな人々が、仕事や友達に対する愛を育むための場所として活用されています。ラブホテルの「ラブ」は、ひとつのラブではなく、あらゆるラブを意味するようになりつつあるのです。仙台だけでなく、日本中のラブホで、今、そういう変化が起こっていることが分かります。
そういった変化に合わせて、さまざまな多彩なサービスが提供されるようになり、設備も設置されるようになりました。たとえば、モーニングコール。
出張で仙台を訪れた人が過ごす宿泊施設としてのラブホでは、次の日の朝にビジネスマンがしっかりと定刻にビジネスを始めることが出来るよう、睡眠から起こしてくれるサービスが存在しているのです。たいていは、チェックインの際に指定した時間に電話を鳴らしてその時間を知らせるサービスとなっています。お寝坊ビジネスマンでも安心のサービスであるといえるでしょう。

カラオケやテレビの充実

カップルにかぎらずさまざまな人が楽しむためにあるホテルとして、仙台のラブホでは「カラオケ完備」や「テレビの充実」に力を入れているところがあります。カラオケボックスにいるよりも伸び伸びと、疲れたらベッドをひろびろ使って寝転びながら、歌を楽しむことが出来ます。あるいは持ち前の防音を活かして、大型テレビに多チャンネルのテレビを備え付けているというところもあります。宿泊料金だけでテレビはどのチャンネルも見放題という豪華さです。
宿泊のために必要な、おふろ用品やお化粧関係のアイテムもアメニティグッズとして置いてあり、さまざまなフードも注文して部屋にお取り寄せすることが出来ます。ちょっとした高級レジャー施設として、しかもお手頃な値段で、利用できる空間となっているのです。
今なお昔ながらの理由で訪れるカップルたちのために、フロントに人が不在であるというスタイルを堅持しつつ、そのサービスは多彩な利用方法に合わせて充実したものになっている……これが、現代のラブホなのです。